忍者ブログ
アドレスのプチカスタム日記。アドレスV125Gに関する事(カスタム・メンテナンス、etc)を主として、つれづれなるままに記録していきたいと思います。 かなりとびとびの日記(ブログ)になるかと思いますが、お付き合いください。それ以外にも趣味のボーリングや旅行・雑談などにつていも時々はカキコみたいと思ってます。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
タイヤ交換しました。
後輪を以前購入しておいたMB520に入れ替えです。
前回の交換時に購入していたタイヤレバーを使いましたが、やっぱり良いです。
エーモンの黒いレバーとは違います。
簡単にビードも落とせました。
今度の交換はおそらくオドメーターが1周した頃になると思います。

また、メッシュシートカバーを装着。
PR
12年目にしてシートが破れかけてきました。

乗っているとちょうどしわになる部分だと思いますが、2センチほど割れてきてますので補修用シートを購入して貼っておきました。

長いこと、吸気系のクリーニングをしていなかったので、特にすることもなかったため実施しておきました。

メットインを外して外装を少しずらし、エアクリーナーを取り外し。

インテーク部分は結構汚れてます。
インジェクションクリーナーを吹いてたれてきたところを拭き取り、綿棒で細かい部分も清掃です。
アクセルを捻ってバタフライバルブを開けると奥はさらに汚れてます。
こちらも綿棒にクリーナーを付けて擦りますが、真っ黒なります。
ある程度取ってから内部にしっかり吹き付け。

しばらくしてからエンジンを掛けてアイドリング。

安定したところで終了です。
若干オイル補充。

ここのところ減りが速いな。

バルブステムシール交換必要なんでしょうが自分じゃできないし、白煙吐くほどではないし、修理を頼むより補充が簡単だし。。。。。
見た目にはほとんど色がついてないのですが、2年以上経っているので交換しました。
フルード自身も以前交換用に買ったやつですので日がかなり経っているので余り長い期間おいておくことも出来ないしね。

オイル交換後1ヶ月半経ちましたので、オイル量を確認しました。

交換時はHレベルギリギリにしておりましたが、Lレベルギリギリでした。
やはり結構減ってますのでHレベル近くまで補充しました。
暖かくなってきたので夏向けのオイル交換です。
いつもの同じAZ 10w-40 MA2 ですが。。。。。

オイルを抜いてみると、、、あれ?えらい少ないな?
確かにゲージの頭にもオイルが付いてなかった。

ふと思い出すも、そういえば今回はオイル量点検してないわ。
ちょっと気になって、抜いたオイルをオイルジョッキに入れてみたら
600CCまで届かない、500ちょっと!
規定量の半分に行かないじゃないの。

大丈夫なんだろうか。
前回交換から2万キロを超えていたのと、ベルトは購入済みでいつでもできる状態だったことから今日交換しました。

グロンドマンのベルトで回転方向指定表示がないので、セットしたときに文字が読める向きにしました。

交換前の台湾純正モデルは18.6~18.7mmでした。(サービスマニュアルにある限界値は18.9mm)

交換する新品は19.3mmくらいでしたが、そんなもんかな。
サービスマニュアルにある標準値は19.9となってるけど・・・。メーカーが違うのでまあ良いか。

ついでにドリブン側のチェック。ガイドピンの傷もなし。クラッチシューの接触側の厚み約3mmでこちらも問題なし。(サービスマニュアル下限値2.5mm)。8万キロ走ってもこんなもん?。

クラッチシューの接触部分を2000番のペーパーで少し表面を整えておきました。

フェイスは前後どちらも僅かに段付き?はあるが問題ないと思います。

ウエイトローラーも段付き等なし、スライドピースもスムーズ。

組み付けて終了です。

そのご近所のスーパーまで組み付けごのチェックを兼ねて行ってきましたがOKです。

これで、次の交換は10万キロの時ですね。
定期メンテナンスです。
電極の周りが丸くなってきていたので交換します。
始動性が悪いとか、調子が悪いということは全く無いので実際はまだまだ大丈夫なのでしょうけれども、1万キロ超えたのでやっておきます。

プラグのヤケはこんなものなのかなという程度(笑)
夕方に少し場所を移動しようとしてセンタースタンドを外したら。。。。
えらい重たい。あれ?タイヤの空気がない?昨日、エア調整したのに。
リアタイヤがぺったんこ。

よくよく見たら、バルブのゴム部分に亀裂!
昨日のエア補充時に無理に曲げすぎたか!

直さないと仕方ない。2輪館へ走り、L型バルブを270円で購入。
ついで?に防水防寒パンツを3980円で購入。
自宅に戻り、マフラーを外す、アクスルを外す、タイヤを外す、ビードを落とす。
するとなんとか、ホイールから外さなくてもバルブを交換できそうです。

カッターで割れたバルブを切り取り、新しいバルブにビードワックスを塗って差し込みます。
反対側からスパナとタイヤレバーを使って引っ張ってはめ込みます。

コンプレッサーを引っ張り出してきてビードを上げて完了。
石鹸数でバルブのところの漏れを確認。
大丈夫です。

ふう。。。。なんとか直せた。

気づいたのが明日の朝なら大変でした。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コガネモチ
フリーエリア
最新コメント
[07/08 123]
[12/30 ものわすれ]
[12/28 山本]
[12/27 ものわすれ]
[12/27 山本]
プロフィール
HN:
monowasure
性別:
男性
自己紹介:
アドレスは通勤用に購入したバイクです。
通勤を快適にすることに徹した改造はするつもりですが、速度を追求したり、見かけだけの改造は無駄と考え基本的にお金を掛けてまで大幅にする予定はありません。しかしながら小粋?なものは、、、、未定です。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.